劇団わらび座の俳優・黒木友宜のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が中学校を卒業しました。

IMG_13921.jpg

生徒会長だったこともあり、卒業生を代表して答辞を読み上げました。

IMG_142411.jpg

教室に戻り、最後のホームルームでは全員がクラスのみんなにメッセージ!
先生も号泣しちゃうほど感動的でした。

後輩たちから「くすだま」が届き、中には「卒業おめでとう」の垂れ幕が!!

IMG_14611.jpg

最後は応援団からエールも!!

IMG_14751.jpg

とっても感動した卒業式でした。

みんな卒業おめでとう!!
それぞれの道で頑張って行ってくださいね!
スポンサーサイト

【2017/03/11 16:12】 | わらび座
トラックバック(0) |
奥松島を離れ、帰路へ・・・・

本当は仙台市博物館で資料を見たかったのですが、なんと3月末まで閉館中だったので断念!!
ならば「ベニ―ランド行ってみたい」との娘の希望、ネットで調べると冬期間は土日のみ営業と出ていたサイトがあったのですが(当日は日曜日)、念のためにベニ―ランドにTELして確認すると・・・・冬季閉園中!!(高速道路にあったクーポンにも冬季は土日営業となっていたのですが・・・・)

・・・・っと言う事で・・・・帰り道に・・・・

えさし藤原の郷

IMG_10472.jpg

大河ドラマや様々な映画逃走中などのバラエティーでもロケが行われており、様々な年代の建物・街並みがあります。

IMG_10511.jpg

タイムスリップした感覚と、冬ならではの空気感がいい感じ!!

IMG_10451.jpg

IMG_10432.jpg

IMG_10621.jpg

IMG_106311.jpg

トリックアートもありました!

IMG_10231.jpg

IMG_10281.jpg

IMG_103111.jpg

IMG_103811.jpg

IMG_103911.jpg

IMG_10401.jpg

IMG_1042111.jpg

たまたま(何かの)撮影があり、鹿踊りの一行が!!

IMG_10581.jpg

IMG_10611.jpg

IMG_106611.jpg

予定が変更になった事で、幻想的な雪の中での鹿踊りが見られ超ラッキー!!

短かったけど、大満足の旅行になりました。


【2017/01/23 14:01】 | わらび座
トラックバック(0) |
奥松島
家族旅行2日目は宿の近くから出航する船で奥松島へ。

IMG_09121.jpg

18人定員の小さめの船ですが、ベタ凪ぎで揺れはまったく無し!

IMG_09131.jpg

椅子席では無く、座布団!!ストーブもあります。

IMG_09721.jpg

IMG_09591.jpg

IMG_09571.jpg

船長さんの丁寧でフレンドリーな解説で島々を廻ります。

IMG_09941.jpg

震災前の島の写真も見せてもらいながら、現在との違いを教えてもらいました。

IMG_100911.jpg

あちこちに洞窟があります。震災で崩れてしまった所もあるそうです。

IMG_09881.jpg

象さん!!

IMG_10021.jpg

蒼の洞窟。めっちゃ綺麗でした。

IMG_10101.jpg

IMG_10201.jpg

最後に船長さんと記念撮影



つづく

【2017/01/21 19:52】 | わらび座
トラックバック(0) |
久々に家族旅行に行って来ました。

行き先は石巻市!!
わらび劇場で4月から上演する「ジパング青春記」の地元見学をかねての旅行です。

サンファン館

IMG_084111.jpg

伊達政宗の命により建造された「サンファン バウチスタ号」の再現船が係留されています。

太平洋を渡り、さらには大西洋も(別船で)渡ってヨーロッパまで行った支倉常長一行の熱い思いを感じました。

IMG_08551.jpg

見上げると「この船に乗りたい!!」という思いが強くなりました。

IMG_085111.jpg

巨大なビルなども無かった江戸初期の人々が見上げた時には、今の私の思いの数十倍の熱い思いだったろう・・・

IMG_08681.jpg

3・11と同規模だったと言われる慶長の大地震・大津波から、わずか2年後にこの船を建造し、この海のはるか彼方まで出帆して行った・・・・・
冷たい海風に吹かれながら、この風景に様々な光景や思いを感じていました。

IMG_08821.jpg

船に掲げられている支倉の家紋。卍(まんじ)に二本の矢!!

IMG_08651.jpg

戦中の畳ベッド、130センチしかありません。大きなベッドだと船が揺れた時に危ないのだそうです。
畳ベッドを使用していたのは支倉など数名だけで、180人の乗船者のほとんどは雑魚寝だったようです。

月の浦

IMG_09021.jpg

実際にサンファン バウチスタ号が作られたと言われている月の浦の入り江。

IMG_089511.jpg

月の浦を見下ろす高台には支倉常長の銅像があります。
頭部が汚れているのは・・・・トリさんの仕業でしょうか?(笑)

IMG_090111.jpg

銅像の台座に、サンファン バウチスタ号が描かれています。

IMG_08921.jpg

銅像を守るように座っていた猫!!
舞台に出てくる猫の子孫でしょうか・・・・

桜荘

泊は奥松島の漁師民宿へ。
津波は免れたものの、地震で大打撃を受け、やっと再建したという宿を選びました。

IMG_090811.jpg

漁師の宿だけあって魚介尽くしの食事!!

IMG_09101.jpg

この他にも焼き魚、フライなどなど・・・・・
朝食も素晴らしかったです。

震災当時から再建までのお話も伺いました。

「ジパング 青春記」を演じる意味と、責任を大きく感じる旅になりました。

(つづく)

【2017/01/20 22:14】 | わらび座
トラックバック(0) |
IMG_0447121.jpg


本年も宜しくお願いいたします

                    黒木友宜

【2017/01/01 10:13】 | わらび座
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。